占う人まで困る占い

人が占いをしてみたいなと思うときは人生の転機であったり不運に見舞われている時が多いんじゃないでしょうか。

何事かあるときには神様に聞いてみようとおみくじを引いてみたり、観光地なら旅先のことだしあきらめもつくからといかにもどうでもいいガチャガチャ形式占いマシーンで適当に占ってもらったり。

だいたい「案外そうかも」といった内容があって、楽しんでいるのか驚いているのか疑っているのか不明な混乱を得ては、そこには書いてはいないが確実な事実である「今自分は占いをしてもらわないとならないくらいに弱っていて判断ができない」「自分以外のオピニオンが欲しい」という方をゲットします。その程度のものが占いのはずでした。あの人に会うまでは。

過去最高に人生が終わったなと言わんばかりのある時。当時近所だったショッピングセンターの一角にある手相占いに、そっと入っていきました。普段は通り過ぎていた、いかにも貧相そうな佇まい。強いて言うならパーテーションがあるから占ってもらっているのがばれずに済むな程度のガードしかできないところです。

座っていたのは普段お見掛けしないタイプの人ですねとしか形容できない占い師さん。少なくとも浮世の人ではない様子。

手を出してくださいと言われ、占い師さんはしげしげと眺め、しばし無言ののち、おもむろに時間がかかりますがいいですかとおっしゃいます。しかもはなはだ困惑した顔をしていらっしゃる。

本当にはっきりと困惑を隠そうともしていません。果たして占いの結果は一年単位で十年分出されていき、それを述べながら書いていく占い師さんも、聞いているほうも、これは困ったなとしか言いようのない紆余曲折の内容なのです。

すみませんがこれほんとなんですかとお互い言いたくても言えないくらいにはものすごい浮き沈みぶり。お金払うときにためらう程度にものすごすぎる”(-“”-)”

そしてその後なのですが,この占いが見事に当たりました。これほんとですかなんて疑った顔してごめんなさい。一緒に困惑してくださってありがとうございました占い師さん。

ショッピングセンターの片隅での所在無げな様子からは想像できないくらい、貴方が凄腕であったことは確かです。

このような経験があって、どんな気持ちで占い師さんのところで占ってもらうのがいいのか興味がわいてきました。ネットで調べているとここの占いのサイトに占いを活かす方法が詳しく書いてありました。当たる占いを経験したからわかることですが、読めば読むほど納得です。今では占ってもらう時はそのような気持ちで鑑定してもらうようになりました。